ITエンジニアとして経験・学習したこと

ITエンジニアとして経験したり学習したことを忘れないよう、書いていきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

Google Cloud Platform (GCP) について調べてみた

Google Cloud Platform (GCP) とは

Googleが提供するパブリッククラウドサービス。

Google検索やGmail・YouTube・GoogleMapといったGoogleの各種サービスを支えるプラットフォームと同等の、高性能で高速・セキュアで安定した強固なインフラ環境をベースして、コンピューティング・ストレージ・ネットワーキング・データベース・機械学習・ビッグデータといった様々なサービスを統括的に提供している。

高額のハードウェアや通信回線を自社で購入する必要がないため、初期投資を抑えることができる。また、使用分に応じて料金が発生するため、少量の使用ならば比較的安価に利用でき、料金さえ支払えばほぼ無制限にリソースを拡大できるようになっている。

さらに、GCPは毎年、国際的に認められた監査機関による第三者監査を受けているため、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス統制についても保証されている。

cloud.google.com

 

パブリッククラウドサービスとは

企業や個人など不特定多数のユーザに対し、インターネットを通じて、サーバやストレージ、データベース、ソフトウェアなどのクラウドコンピューティング環境を提供するサービス。主なパブリッククラウドサービスに、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)がある。

 

コンピューティングとは

コンピュータによる数値計算やデータ処理のことをいう。

GCPのサービスでは、Google Compute Engine(GCE)で提供される仮想マシンや、Google App Engine(GAE)で提供されるアプリ開発の土台となる開発環境等がある。

 

ストレージとは

パソコンのデータを長期間保管しておくための補助記憶装置のことをいう。

GCPのサービスでは、Google Cloud Storage(GCS)というファイルデータ格納用ストレージ等がある。

 

ネットワーキングとは

複数のコンピュータや情報機器をケーブルや無線で繋いでネットワークを形成することをいう。

GCPのサービスでは、Virtual Private Cloud(VPC)というGCPリソース用の通信機能や、Google Cloud Load Balancingというネットワーク負荷分散機能等がある。

 

データベースとは

大量の情報(データ)を集めて、コンピュータのデータの追加・削除・検索をしやすい形に整理したものをいう。

GCPのサービスでは、Colud DatabaseというNoSQL用のデータベースや、Colud SQLというクラウド上のPostgreSQLとMySQLを管理するためのデータベース等がある。

ちなみに、NoSQLとは、表形式の関係データベース(RDB)以外のデータベースのことをいう。

 

機械学習とは

機械学習とは、事前学習済みのモデルを人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のことをいう。

GCPのサービスでは、Google Cloud Machine Learningという、事前学習済みのモデルから独自モデルを生成する機会学習機能等がある。

 

ビッグデータとは

一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合のことをいう。

GCPのサービスでは、Google BigQueryという、数TB(テラバイト)あるいはPB(ペタバイト)に及ぶビッグデータを分析できる機能等がある。