ITエンジニアとして経験・学習したこと

ITエンジニアとして経験したり学習したことを忘れないよう、書いていきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

GCP(Google Cloud Platform)でGCS(Google Cloud Storage)から仮想マシンにファイル転送を行った

ここでは、GCP(Google Cloud Platform)で、GCS(Google Cloud Storage)から仮想マシンにファイル転送を行ったので、その手順について述べる。

 

前提条件

GCP(Google Cloud Platform)のアカウントを作成し、ログイン済であること。

また、仮想マシンが作成済であること。

この手順については、以下の記事を参照のこと。

www.purin-it.work

 

やってみたこと

  1. GCS(Google Cloud Storage)上にバケットを作成
  2. バケット上にファイルを格納
  3. GCS上のファイルを仮想マシンに転送

 

GCS(Google Cloud Storage)上にバケットを作成

ここでは、GCS(Google Cloud Storage)上のバケット作成手順について述べる。

 

1) 「Storage」メニューから、「ブラウザ」を選択

f:id:purin_it:gcp_bucket_1

 

2) 下記画面が表示されたら、「バケットを作成」を押下

f:id:purin_it:gcp_bucket_2

 

3) バケット名を入力し、「作成」を押下

f:id:purin_it:gcp_bucket_3

 

4) 下記のように、作成したバケットが表示される

f:id:purin_it:gcp_bucket_4

 

バケット上にファイルを格納

ここでは、GCS(Google Cloud Storage)上のバケットにファイルを格納する手順について述べる。

 

1) バケットが選択されている状態で、「ファイルをアップロード」を押下

f:id:purin_it:gcp_fileupload_1

 

2) アップロードするファイルを選択し、「開く」を押下

f:id:purin_it:gcp_fileupload_2_1

 

 なお、アップロード対象のファイルの中身は以下の通り

f:id:purin_it:gcp_fileupload_2_2

 

3) 以下のように、ファイルがアップロードされたことが確認できる

f:id:purin_it:gcp_fileupload_3

 

GCS(Google Cloud Storage)上のファイルを仮想マシンに転送

ここでは、仮想マシンにログイン後、GCS上のファイルを仮想マシンに転送する手順について述べる。なお、ここでは、仮想マシンにログイン後の手順について述べる。

 

1) Google Cloud SDK Shellのショートカットをダブルクリック

f:id:purin_it:gcp_filetransfer_1

 

2) gsutil cpコマンドで、GCS(Google Cloud Storage)上のファイルをコピー

f:id:purin_it:gcp_filetransfer_2

 

3) 以下のように、配置したファイルそのままの状態でコピーされたことが確認できる

f:id:purin_it:gcp_filetransfer_3

なお、ファイル表示確認のために、仮想マシン上にサクラエディタをあらかじめインストールしている。