ITエンジニアとして経験・学習したこと

ITエンジニアとして経験したり学習したことを忘れないよう、書いていきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

GCP(Google Cloud Platform)でLinux搭載済の仮想マシンを作成した

GCP(Google Cloud Platform)上でLinux搭載済の仮想マシンを作成し、GCS(Google Cloud Storage)とBigQueryで連動する、Python 2.7及びJava 1.8によるプログラムを動かせるところまで進めたので共有する。今回は、GCP上でLinux搭載済の仮想マシンを作成し、ssh接続するまでについて述べる。

 

前提条件

GCP(Google Cloud Platform)のアカウントは作成済であること。

作成手順は、下記サイトを参照のこと。

www.purin-it.work

 

やってみたこと

1) GCPにログインし、「Compute Engine」の「VMインスタンス」を選択

f:id:purin_it:make_linuxvm_1

 

2) 「インスタンスを作成」を押下

f:id:purin_it:make_linuxvm_2

 

3) 名前、リージョン・ゾーンを指定し、作成したいマシンタイプのブートディスクを選択し、アクセススコープは「すべてのCloud APIに完全アクセス権を許可」を指定し、「作成」ボタンを押下

f:id:purin_it:make_linuxvm_3_1

 

なお、アクセススコープで「デフォルトのアクセス権を許可」を指定すると、下図のように、BigQuery関連の権限が無効になってしまい、GCSとBigQueryで連動するプログラムを動かすことができない。そのため、アクセススコープに「すべてのCloud APIに完全アクセス権を許可」を指定している。

f:id:purin_it:make_linuxvm_3_2

 

4) 下図のように、Linux搭載済の仮想マシンが作成され、起動した状態になる

f:id:purin_it:make_linuxvm_4

 

5) 上記画面で「SSH」を押下すると、作成したLinux搭載済の仮想マシンにssh接続され、下記画面が開く

f:id:purin_it:make_linuxvm_5

 

6) Linux搭載済の仮想マシンにssh接続後、下記画面のようにlinuxコマンドが利用でき、「exit」コマンドによりログアウトできる

f:id:purin_it:make_linuxvm_6

 

7) Linux搭載済の仮想マシンへの接続は、gcloudコマンドによっても行える

 下記画面で「gcloud コマンドを表示」を選択すると、

f:id:purin_it:make_linuxvm_7_1

 

    下記gcloudコマンドライン画面が表示されるので、これをコマンドプロンプトで入力することでssh接続することもできる

f:id:purin_it:make_linuxvm_7_2

   

ただし、gcloudコマンドラインが使えるには、ローカル端末にGoogle SDKをインストールし、初期設定が終了している必要がある。以下のサイトの「WindowsにCloud SDKをインストール!」以降に書かれた内容に従って、インストールを行えばよい。

www.apps-gcp.com

 

その他、puttyによるssh接続も行うことができる。

puttyをインストールし、ssh接続するまでは以下の内容を参照のこと。

qiita.com

 

puttyの下記画面にて、「Open」を押下すると、指定したホストにssh接続ができる。

また、「Save」ボタンにより接続設定を保存し、「Load」ボタンにより接続設定を取り込むこともできる。

f:id:purin_it:make_linuxvm_7_3

 

なお、puttyを利用してssh接続する際は、コンソール上のフォルダの青色が見にくいので、下図の画面にて、「ANSI Blue」と「ANSI Blue Bold」の設定を変更しておくとよい。

f:id:purin_it:make_linuxvm_7_4

変更すると、フォルダの色は下図のように変わる。

f:id:purin_it:make_linuxvm_7_5