ITエンジニアとして経験・学習したこと

ITエンジニアとして経験したり学習したことを忘れないよう、書いていきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

GCP Cloud Pub/Subを使ってみた(1)

今回は、GCP(Google Cloud Platform)の機能の1つである、Cloud Pub/Subを使ったJavaプログラムを作成したため、その内容について述べる。

 

Cloud Pub/Subは、別々に開発されたアプリケーションの間で、安全にメッセージ通信が行える機能である。このメッセージ通信の機能を使うと、例えばシステムAが処理完了後にメッセージを送信し、システムBがそのメッセージを受信直後に処理を開始する、といったタイミング制御を行うことができる。詳細は下記を参照のこと。

cloud.google.com

 

 

今回はまず、1台の仮想マシン上でメッセージの送受信が行えるようなプログラムを作成した。その実行結果は以下の通り。

 

1) 1台の端末のみ起動しておく。

f:id:purin_it:result_one_1

 

2) プログラムの実行結果は以下の通りで、メッセージを送信後、送信したメッセージが受信できることが確認できる。

f:id:purin_it:result_one_2

 

 

また、2台の仮想マシン上でメッセージの送受信が行えるようなプログラムも作成した。その実行結果は以下の通り。

 

1) 2台の端末を起動しておく。

f:id:purin_it:result_two_1

 

2) サーバー側(test-linux-vm-2)のプログラムを起動する。

f:id:purin_it:result_two_2

 

3) クライアント側(test-linux-vm)のプログラムを起動する。こちらはメッセージの送信を行う。

f:id:purin_it:result_two_3

 

4) サーバー側(test-linux-vm-2)で、クライアント側から送信されたメッセージが受信できることが確認できる。

f:id:purin_it:result_two_4

 

なお、この処理が実行できるまでの過程は、このブログにて、同名のタイトルの(2)~(4)にて記載している。