ITエンジニアとして経験・学習したこと

ITエンジニアとして経験したり学習したことを忘れないよう、書いていきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

階層構造をもつディメンションを作成してみた(2)

今回も引き続き、日別や項目別、場所別などデータ分析の切り口となる「ディメンション」の階層構造について述べる。今回は、階層構造をもつディメンションの作成例と、その確認結果について述べる。

 

前提条件

SQL Server、SQL Server Management Studio、SQL Server Analysis Services、SQL Server Data Toolsがインストール済であること。これらのインストール手順は下記を参照のこと。

www.purin-it.work

www.purin-it.work

 

参考サイト

今回実施する内容に関連する、SQL Server Analysis Services(SSAS)プロジェクトの画面を利用した作成手順については、以下を参照のこと。

www.purin-it.work

 

やってみたこと

  1. sales2テーブルの準備
  2. sales2テーブルを参照するデータソースビューの作成
  3. ディメンションの作成
  4. ディメンションの階層構造の設定
  5. キューブの作成とデプロイ
  6. デプロイ後のディメンションの確認

 

sales2テーブルの準備

今回参照元となるsales2テーブルを作成し、データ追加を行った。作成後のsales2テーブルは以下の通り。

f:id:purin_it:prepare_table

 

sales2テーブルを参照するデータソースビューの作成

sales2テーブルを参照するデータソースビューを作成した。作成後のデータソースビューは以下の通り。

f:id:purin_it:make_data_source_view

 

ディメンションの作成

「Sale Date」「Sale YM」を属性に持つディメンションを作成した。作成手順は以下の通り。

 

1) 「ディメンション(Dimensions)」を右クリックし、「新しいディメンション(New Dimension)」を選択

f:id:purin_it:make_dimension_1

 

2) ディメンションウィザードが開くので、「次へ(Next)」を押下

f:id:purin_it:make_dimension_2

 

3) 「既存のテーブルを使用(Use an existing table)」を選択した状態で、「次へ(Next)」を押下

f:id:purin_it:make_dimension_3

 

4) sales2テーブルを参照するデータソースビューを選択した状態で、「次へ(Next)」を押下

f:id:purin_it:make_dimension_4

 

5) 属性名「Sale Date」「Sale YM」を選択した状態で、「次へ(Next)」を押下

f:id:purin_it:make_dimension_5

 

6) ディメンション名「DimSale2Date」を指定し、「完了(Finish)」を押下

f:id:purin_it:make_dimension_6

 

ディメンションの階層構造の設定

先ほど作成したディメンションに、階層構造を設定した。設定手順は以下の通り。

 

1) 先ほど作成したディメンション「DimSale2Date」を開き、「Sale Date」「Sale YM」という属性をドラッグ&ドロップで「階層(Hierarchies)」ウィンドウにコピー

f:id:purin_it:make_dimension_drilldown_1

 

2) 1)でコピー後は下記状態になる

f:id:purin_it:make_dimension_drilldown_2

 

3) 「属性関連(Attribute Relationships)」タブを選択し、「Sale Date」属性を「Sale Ym」属性の位置にドラッグ&ドロップでコピー

f:id:purin_it:make_dimension_drilldown_3

 

4) 3)でコピー後は下記状態になる

f:id:purin_it:make_dimension_drilldown_4

 

5) 3)でコピー後に、「ディメンション構造(Dimension Structure)」タブを選択すると下記状態になる

f:id:purin_it:make_dimension_drilldown_5

 

キューブの作成とデプロイ

先ほど作成した階層構造をもつディメンションを含むキューブを作成し、SQL Server Analysis Serverにデプロイした。作成したキューブの内容は以下の通り。

f:id:purin_it:make_cube

 

デプロイ後のディメンションの確認

以下の手順で、SQL Server Analysis Serverにデプロイした、階層構造をもつディメンションを確認した。

 

1) 「ファイル(File)」メニューから「開く(Open)」→「Analysis Services Database」の順に選択

f:id:purin_it:confirm_dimension_1

 

2) デプロイ済のSSAS(SQL Server Analysis Services)プロジェクトを選択し、「OK」を押下

f:id:purin_it:confirm_dimension_2

 

3) 「デバッグ(Debug)」メニューから選択したSSASプロジェクトのプロパティ(Properties)を選択

f:id:purin_it:confirm_dimension_3

 

4) ソリューションエクスプローラー(Solution Explorer)が開き、選択したSSASプロジェクトが表示されることを確認する。「AttributedProperties TypeDescriptor Property Pages」画面は使わないので「キャンセル(Cancel)」を押下

f:id:purin_it:confirm_dimension_4

 

5) 階層構造をもつディメンション「DimSale2Date」の「表示(Browse)」メニューを選択

f:id:purin_it:confirm_dimension_5

 

6) 下図のように、「SaleDate」「Sale Ym」の階層関係が表示されることを確認

f:id:purin_it:confirm_dimension_6