ITエンジニアとして経験・学習したこと

ITエンジニアとして経験したり学習したことを忘れないよう、書いていきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

GCP(Google Cloud Platform)の仮想マシン(Windows)にハードディスクを追加してみた

今回は、GCP(Google Cloud Platform)上のSQL Server搭載済仮想マシン(Windows)に、ハードディスクを追加したので、その手順について述べる。

 

ハードディスクを追加する前は、以下のように、約50GBのハードディスクドライブ(C)のみ存在している。

f:id:purin_it:before

 

ハードディスクを追加した後は、以下のように、約50GBのハードディスクドライブ(C)と、約500GBのハードディスクドライブ(D)が存在している。

f:id:purin_it:after

 

ハードディスクの追加は、以下の手順で行える。

1) GCPの仮想マシン一覧画面で、ディスク追加する仮想マシン名を選択

f:id:purin_it:add_disk_1

 

2) VMインスタンスの詳細画面が開くので、「編集」リンクを押下

f:id:purin_it:add_disk_2

 

3) 「新しいディスクを追加」ボタンを押下

f:id:purin_it:add_disk_3

 

4) ディスク名・ディスクタイプ・ディスクの種類を指定し、「完了」ボタンを押下

f:id:purin_it:add_disk_4

 

5) 追加したディスクが設定されていることを確認し、「保存」ボタンを押下

f:id:purin_it:add_disk_5

 

6) 以下のように、ディスクが追加されたことが確認できる

f:id:purin_it:add_disk_6

 

また、ハードディスクを追加した後で、ディスクフォーマットを行う必要がある。その手順は以下の通り。

1) リモートデスクトップ接続で、ハードディスクを追加した仮想マシンにログイン

f:id:purin_it:disk_format_1

 

2) この時点では、以下のように、約500GBのハードディスクは参照できない

f:id:purin_it:disk_format_2

 

3) スタートボタンを右クリックし、「ディスク管理(Disk Management)」メニューを選択

f:id:purin_it:disk_format_3

 

4) 「GPT」を選択し、「OK」ボタンを押下

f:id:purin_it:disk_format_4

 

5) Disk1(新しく追加した未フォーマットのディスク)を選択し右クリックし、「新しいシンプル・ボリューム(New Simple Volume)」を選択

f:id:purin_it:disk_format_5

 

6) 新しいシンプル・ボリュームのウィザード画面が開くので、「次へ(Next)」ボタンを押下

f:id:purin_it:disk_format_6

 

7) そのまま、「次へ(Next)」ボタンを押下

f:id:purin_it:disk_format_7

 

8) そのまま、「次へ(Next)」ボタンを押下

f:id:purin_it:disk_format_8

 

9) ボリュームラベル(Volume label)にディスク名を入力し、他はそのまま下図の状態にして、「次へ(Next)」ボタンを押下

f:id:purin_it:disk_format_9

 

10) 選択内容を確認し、「完了(Finish)」ボタンを押下

f:id:purin_it:disk_format_10

 

11) 下図のように、約500GBのDisk 1も有効化された

f:id:purin_it:disk_format_11

 

12) 下図のように、約500GBのハードディスクドライブ(D)が存在していることが確認できる

f:id:purin_it:disk_format_12

 

さらに、ログインユーザーで追加した約500GBのハードディスクドライブ(D)に書き込みを行えるようにするには、以下の対応を行う。

1) Dドライブを選択し右クリックし、「プロパティ(Properties)」メニューを選択

f:id:purin_it:permit_write_disk_1

 

2) 「セキュリティ(Security)」タブを選択し、「編集(Edit)」メニューを選択

f:id:purin_it:permit_write_disk_2

 

3) 「Users」を選択した上で、「フルコントロール(Full control)」を選択し、「適用(Apply)」ボタンを押下

f:id:purin_it:permit_write_disk_3

これで、ログインユーザーによるDドライブへの書き込みが行える。