ITエンジニアとして経験・学習したこと

ITエンジニアとして経験したり学習したことを忘れないよう、書いていきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

Windows端末にMySQL、PostgreSQL、Oracleをインストールしてみた

今回はいろいろな種類のデータベースを使ってみたかったので、Windows端末に、MySQL、PostgreSQL、Oracleそれぞれのデータベースをインストールし、それぞれGUIツールを使って接続してみた。その手順について、これから共有する。

 

やってみたこと

  1. MySQLのインストールと接続
  2. PostgreSQLのインストールと接続
  3. Oracleのインストールと接続

 

MySQLのインストールと接続

MySQLは、下記サイトの手順で、Communityエディションのサーバータイプをダウンロードし、インストールを行った。

www.dbonline.jp

 Communityエディションを選択すれば、無料で使用することができる。また、サーバータイプであれば、MySQLのサーバー・クライアント・GUIツール(Workbench)が全て含まれている。なお、2019/5/9現在では、8.0.16が最新バージョンとなる。

 

また、インストールしたMySQLへの接続は、以下のように、GUIツール(Workbench)を利用して行うことができる。

1) MySQLのスタートメニューから「MySQL Workbench [バージョン] CE」を選択

f:id:purin_it:mysql_gui_1

 

2) 作成済のMySQLインスタンスへのコネクションが画面に表示されるので、それを押下

f:id:purin_it:mysql_gui_2

 

3) MySQLをインストール時に設定したrootユーザーのパスワードを指定し、「OK」ボタンを押下

f:id:purin_it:mysql_gui_3

 

4) ウィンドウ左側で「Schemas」タブを選択すると、インストール済のデータベースのテーブル等が参照でき、また、ウィンドウ中央部でSQLを入力し実行ボタンを押下すると、下記のようにSQLの実行結果が表示される

f:id:purin_it:mysql_gui_4

 

PostgreSQLのインストールと接続

PostgreSQLは、下記サイトの手順で、ダウンロードとインストールを行った。

eng-entrance.com

 

上記手順通りであれば、無料で使用することができる。また、PostgreSQLのサーバー・GUIツール(pgAdmin)が含まれている。なお、2019/5/9現在では、11.2が最新バージョンとなる。

 

また、インストールしたPostgreSQLへの接続は、以下のように、GUIツール(pgAdmin)を利用して行うことができる。ただし、pgAdminは、IEでは画面が開けないことを確認済のため、Chromeブラウザで開いている。

1) PostgreSQLのスタートメニューから「pgAdmin [バージョン] 」を選択

f:id:purin_it:postgresql_gui_1

 

2) PostgreSQLをインストール時に設定したpostgresユーザーのパスワードを入力し、「OK」ボタンを押下

f:id:purin_it:postgresql_gui_2

 

3) 下図のように、PostgreSQLのデータベース内オブジェクトが表示できる

f:id:purin_it:postgresql_gui_3

 

4) SQLを入力するには、Toolsメニューから「Query Tool」を選択

f:id:purin_it:postgresql_gui_4

 

5) 「Query Editor」内にSQLを入力し実行ボタンを押下すると、下図のようにSQLの実行結果が表示される

f:id:purin_it:postgresql_gui_5

 

Oracleのインストールと接続

Oracleは、下記サイトの手順で、「1.ダウンロード」と「2.インストール」を行った。

www.doraxdora.com

 

上記手順通りであれば、無料で使用することができる。ただし、ダウンロードしたバージョンは、Oracle Database Express Edition 11gとする。

 

また、GUIツールとして、SQL Developerをダウンロードした。SQL Developerは、下記サイトからWindowsのJDKを含むバージョンをダウンロードした。

www.oracle.com

 

インストールしたOracleへの接続は、ダウンロードしたSQL Developerを解凍後、以下の手順で実施した。

1) フォルダ内の「sqldeveloper.exe」をダブルクリック

f:id:purin_it:oracle_gui_1

 

2) コネクションの追加ボタンを押下

f:id:purin_it:oracle_gui_2

 

3) 接続名・ユーザー・パスワード・ロール(Role)を指定し、「保存(Save)」ボタンを押下

f:id:purin_it:oracle_gui_3

 

4) 下図のように、ワークシート画面が開く

f:id:purin_it:oracle_gui_4

 

5) 「Worksheet」内にSQLを入力し実行ボタンを押下すると、下図のようにSQLの実行結果が表示される

f:id:purin_it:oracle_gui_5